かかりつけ医 | 子育て重要!救急病院小児科先生に教えてもらえた!

子育てをして行く上でかかりつけ医を決めておりますでしょうか?
我が家は、長女・次女共にかかりつけ医を決めており何かあると
かかりつけ医のいる病院に行きます。

先日次女が、夜間突然発熱をして救急病院に行った際小児科先生
と話す機会があり色々教えて頂きました。

そして先生よりかかりつけ医の重要性のお話があり再認識した事
等もありましたので子育てでかかりつけ医がいかに重要なのかを
病院先生のお話を交えて紹介をして行きます。

Sponsored Links

子育てかかりつけ医を持つ事が重要

かかりつけ医

我が家では、長女が産まれてすぐにかかりつけ医を探しました。
初めての子育てで何もかもわからない事が多い中これだけは、

長女が産まれる前から産まれたらここにしようと決めていた
かかりつけ医の病院があります。

救急病院小児科先生から教えてもらった重要性

  • 産まれた時から同じ医師に長く診察してもらう事で、病歴や体質・生活習慣等を理解した上の診察
  • 病状に応じて、専門医や病院等を紹介(次女発熱救急病院を紹介してもらいました。)
  • 近くで選んだ場合病院に行きやすい
  • 赤ちゃんの健康を守り、費用や労力を節約する事に繋がる

上記が、先生から教えて頂いた事ですが、長女出産前にママと話した上で全く
先生と同じ考え方でかかりつけ医を決めた経緯があります。

夫婦の考え方の正しさを再認識する事が出来たので聞いて良かったと思えました。

私達夫婦がかかりつけ医を選んだ際のポイント
  • 24時間営業
  • 電話で病状等の問い合わせに対して適切な判断を回答して頂ける
  • 気兼ねなく率直に先生と話せる
  • 家から近くで通いやすい
  • 専門医・病院を紹介して頂ける

上記をポイントとしてかかりつけ医を探しました。この条件に当てはまる病院は、
探し始めた時期にないと思っておりましたが、見つける事ができました。

赤ちゃんは、病状が急変する事も多くあるので24時間営業は、絶対条件だと思って
おりましたが、現実は甘くありませんでした。

距離的には車で15分位なので問題は、ありませんでした。長女の入院時も病院を
紹介頂いておりますので全てのポイントに当てはまる病院です。

最後に

かかりつけ医まとめ

ここ最近我が家では、娘達が病院に行く事が多くなっております、

  • 長女 ロタウィルス感染
  • 次女 便秘
  • 長女 インフルエンザ感染
  • 次女 高熱38.5℃

約2週間でこれだけ病院に行っております。長女は、最近全く体調不良がない状況
が、続き病院治療を最近全く受けておりませんでしたので安心をしておりました。
しかしやっぱり長女もまだまだ幼児なんだと再認識しました。

そして今回次女の高熱時に電話にてアドバイスをして頂き病院まで
紹介をして頂きました。
大変ありがたく感謝の気持ちが、持てました。

当然読者さんで子育てをしている世帯はかかりつけ医を決めている世帯も多い
と思いますがまだ決まっていない場合は、かかりつけ医を決める事が重要です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ