マダニウィルス感染は恐い!赤ちゃん・幼児世帯はマダニ対策と予防が重要!

先日の平日夜22時から放送されている報道ステーションにて
マダニウィルス感染について放送されておりました。

その放送を見て赤ちゃんと幼児世帯は、特にマダニ
の対策と予防が、重要だと思いました。

Sponsored Links

マダニウィルス感染お亡くなりになっている人もいる事実

マダニウィルス感染は恐い

報道ステーションの放送によると日本国内では、これまで53人が、
感染してそのうち21名が、お亡くなりになっているとの事です。

マダニのウィルス感染で死亡している方いる事実に驚いてしまいました。
特に赤ちゃんや幼児は、抵抗力が弱いので注意が、必要だと思いました。

マダニウィルス感染患者が発生した地域

兵庫・島根・岡山・広島・山口・徳島・愛媛
高知・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島

こんなに多くの地域でマダニウィルス感染をしている
方が、いるのが現状です。

マダニウィルス感染(重症熱性血小板減少症候群)とは?

2013年1月に日本で初めて感染者が見つかりました。
ダニの媒介による新規のウイルス性疾患「重症熱性血小板減少症候群 (SFTS)」
による死亡が確認されたことにより厚生労働省は、「重症熱性血小板減少症候群」
に関する通達を発表し、注意を呼びかけています。
マダニウィルス感染の症状

  • 発熱
  • 下痢
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 頭痛・筋肉痛
  • 意識障害・失語などの神経症状
  • 感染~発症するまで6日~2週間の潜伏期間

『重症熱性血小板減少症候群 (SFTS)』は、ウイルスを保有する
フタトゲチマダニやオウシマダニなどマダニ類に吸血されることで
感染してしまう発症するウイルス性感染症です。

2009年頃から中国でその発生が報告されてニュース等で報道されて
おりましたが、2011年になって初めて原因ウイルスが特定されている
新しいタイプのダニ媒介性の感染症です。

日本国内に存在するウィルス

国内最初の患者の方は、海外渡航歴はなく中国で確認されているSFTSウイルス
と遺伝子の塩基配列が一部異なっております。

よってSFTSウイルスを保有するダニが日本国内に存在して国内で感染した
と考えられています。

ダニ媒介ウイルスの致死率

中国で出しているデータによると致死率は6.3~30%と幅が広くなっていますが、
まだ新しいウイルスなので、調査事例数が究めて少ない為に統計にばらつきが出ています。
致死率は6.3~30%の数値を見ると恐怖さえ感じてしまいますよね?

そして日本国内では、致死率が53分(患者数)の21(死亡者)との数値
になるので更に不安と恐怖を感じてしまいます。

実は、過去10年のデーター

報道ステーショーンを見てマダニウィルス感染について調べておりますが、
色々調べて行くと日本国内での感染者数と死亡者数は、過去10年のデーターです。

放送内容からするとここ直近での事を放送していると思ったので凄く危機感を感じ
てしまいました。

実は、2011年にウイルスの存在が認められてから、過去にさかのぼって調べて
判明した数字も含まれているのです。

そして日本でのSFTSウイルスによる死亡は、2005年から起きている事から21人
の死亡者は、過去10年の数字になっています。


こんな事から最近危険性が特に高まった訳ではない事を理解する事が重要だと思いました。
しかし現在子育てをしてる世帯にとっては、ウイルスなので注意は、必要です。

マダニウィルス感染対策方法

感染対処法はダニに咬まれない事

上記が最も重要ににり対処する方法です。実際に「重症熱性血小板減少症候群」
に対する有効なワクチンがない為ダニに咬まれない事が重要です。

ダニに咬まれないようにするにはどのような方法があるのか?
  • 活動期である春~秋にかけて草むらや藪などダニが生息する場所に入らない
  • ダニが生息する草むらや藪に入る場合には長袖や長ズボンを着る
  • ダニが入り込めないようにズボンの裾を完全に覆ってから靴下や靴を履く
  • 白っぽい服を着る事により万一ダニが取りついた時でも早い対応をする事が出来る

私達子育て世代は、特に山などにバーベキューやキャンプに行った時が、
心配ですよね?山遊びには、こんなリスクがある事を理解しておくだけ
でも万一の場合でも慌てる事無く対応する事が出来ます。

まとめ

マダニウィルス感染まとめ

今回マダニウィルス感染について色々調べて本当に良かったと思います。
テレビニュースの報道だけで判断する事の恐ろしさを感じました。

自分で調べる事により報道ステーションを見た時の危機感が薄れて
本当に良かったと思います。

しかしウィルス感染については、子育てして行く上で常に情報を得る事は、
大変重要なので今回マダニウィルス感染をある程度理解できて良かったと思います。

これから暖かくなると子育て世帯では、山のレジャーが多くなって行く時期です。
ダニ感染が恐いから山遊びをやらないなんて絶対にもったいないと思います。

山の遊びって凄く楽しいですよね?子供の頃楽しく遊んだ事を今でも覚えております。
娘達にも山遊びをたくさん教えて行きたいと思います。そしてその時は、
マダニウィルス感染対策をしっかりやって行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ