娘の瞼が腫れた!娘がものもらいで眼科へ!ものもらいの原因と治し方は?

我が家の朝は、私の出勤の関係もあり早いです。
毎朝4時45分に起床をして通勤の準備に入ります。

長女も私の仕事のサイクルに合っているようで
5時~5時半位には、起床して私の事をママと一緒
に送ってくれます。

昨日の朝も通常通りの起床そして玄関の下まで
元気に送ってくれました。

そして夕方ママから一通のメールが届きました。
写メを見ると右目の瞼が腫れた娘の姿で正直驚きました。
そしてママのメールによると瞼が腫れたので眼科に来て
いるとの事でした。

病院の先生診断は、ものもらいでした。ママが先生から
ものもらいについて色々聞いて来ましたので今後の為に
ものもらいについて調べて行きます。

Sponsored Links

ものもらいの原因

幼児ものもらい

原因菌の多くは黄色ブドウ球菌になります。
黄色ブドウ球菌は、化膿した傷に存在する
事が多いのが、現状です。

健康な人ののどや鼻・皮膚・手指・毛髪・腸管
等にも分布しておりますので注意が必要です。
感染力が弱く、感染する危険はないとの事を
先生が言っていたようです。

そしてママに注意されたのが、顔をつけて
すりすりする行為は、感染する可能性も出て
来るので駄目だと先生に言われたので注意し
てくれとの事でした。

大人に比べて子供の方がものもらいになる確率が、
高くなります。その理由を調べて行きましょう。

子供が大人に比べてものもらいになる可能性が高い理由

  • 抵抗力が弱い
  • 汚れた手で目を拭いてしまう
  • 幼稚園や学校のプールで感染

まず子供は、抵抗力が弱い事を前提に予防方法
を考えて行くのが理想です。

その中でも1番重要なのが、外出から戻った時
の手洗いです。

手洗いは、どんな病気に対しても予防になるので
帰ったら手を洗うを習慣にする事が重要です。

眼科に早めにかかる事の重要性と先生からのアドバイス

ものもらいが悪化すると膿が溜まって大きく腫れあがってしまいます。
重症化すると切開して膿を出さなければならなくなるので早めに病院
に行き受診する事が重要と先生よりアドバイスを頂きました。

最後に

ものもらいまとめ

今回もママの素晴らしい判断で早い段階で眼科に行く
事により早くも娘瞼の腫れが引いております。

悩むなら早めの病院が子育てでは、必要だと思います。
そんな考えから今回も早い対応をしました。

病院から出た薬は、目薬のみでしたが、今朝も目薬を
指しておりました。(目薬初体験で苦戦してます。)

本当に子育てをしていると日々色々な事が、起きますよね?
色々な事が起きるそしてその刺激こそが子育ての楽しさの
1つでもあるのかも知れません。

ものもらいになったら早めに病院に行く

今回長女が、ものもらいになって上記を心掛けて行きたいと思いました。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ