ロタウィルス | 長女が感染!手遅れになる前にウィルスを知る事が重要!

ロタウィルスってご存知でしょうか?ウィルスと言えば
ノロウィルスが有名ですよね?

昨日もノロウィルス患者が多数出たとテレビニュースで
放送されておりましたが、親になると感染症ニュースに
関してかなり敏感になります。

そして今回ロタウィルスに長女が感染してしまい病院に
行っております。大事には至らなかったのですが、驚きの
ロタウィルス感染原因とロタウィルスを紹介します。

Sponsored Links

ロタウイルス胃腸炎とは?

ロタウイルス胃腸炎とは?

毎年秋から冬にかけて流行するウィルスといえば先程も紹介した
ノロウイルス胃腸炎が有名です。

下痢・嘔吐・腹痛などを発症するノロウイルスは、
平成24年の冬に全国的に猛威をふるい、遡る事10年間で2番目に
多い患者数を記録しております。(平成18年が、過去10年で最高)

このノロウイルスの発症のピークが経過すると次に発症者数が
増加するのが、ロタウイルスです。

ノロウイルスは11~2月頃に流行

ロタウイルスは1~4月に流行

これからの時期は、特にロタウイルスに注意が、必要になって来る時期です。

ロタウィルスの症状

  • 激しい嘔吐が1日5~6回程ある
  • 3~8日程度白色の下痢便になる
  • 高熱がでることもある(38度以上)

ロタウイルスの症状は、嘔吐・下痢・腹痛などノロウイルス
と同じ症状です。

よく似ている症状ですが、大きく異なるのは感染しやすい年齢です。
年齢に関係なく感染・発症するのが、ノロウイルスに対して
ロタウイルスには、感染・発症しやすい年令が、あります。

乳幼児の生後6ヶ月~2歳の間が一番感染しやすい

5歳までには100%の小児が、ほぼ感染すると言われている

ロタウイルス胃腸炎に注意が必要なのは?

ノロウイルスよりも激しい嘔吐や下痢の症状、発熱もあり、重症化する危険性がある

毎年数名の報告がある驚きの死亡例が、ロタウイルス胃腸炎でも
報告されている事実もありますので注意が、絶対に必要です。

大人は発症しないのか?

ほぼ100%の小児が5歳までに感染・発症するロタウイルス胃腸炎
ですが、当然大人にも感染・発症します。

感染しても大人には、免疫があるために症状が出ない又は、発症
したとしても軽い症状のケースが、多いといわれています。

しかし症状がでなくてもウイルスは体内にいて、便と共に排出され
てしまう為、知らず知らずのうちにウイルスを子どもにうつしてしまう
事もある
のでパパ・ママも予防対策が必要かつ重要です。

更にに大人でも免疫力が落ちてしまうと、小児と同様な症状の嘔吐・下痢・
発熱等が、でることもあります。

子供がロタウイルス胃腸炎にかかってしまったら、大人も十分に注意する必要がある

ロタウイルスは強力な感染力を持っている

ウイルスが口の中に入ることでロタウイルスが、感染しますが、
その感染力は大変強力です。

  • ロタウイルス胃腸炎の患者の便1mlには1億~100億個のロタウイルスウイルスが含まれている
  • ロタウイルスは、わずか10個程度のウイルスで感染してしまう

1億~100億に対してわずか10個程度のウィルスで感染の可能性がある
ロタウイルスウイルス恐さを感じます。したがってどんなウィルスでも
同じですが、感染を防ぐためには手洗いや消毒などをしっかりと行う事
が、基本となります。

ロタウイルスを防ぐ為のポイント

手洗いをしっかりとやる事を心がける
トイレの後や患者の下痢や嘔吐物を処理した後は、石けんでしっかりと手を洗う事
下痢症状がでる2日前から、症状がでて10日後までの間、便の中からロタウイルスが、
検出されることがあるので症状が治まったからといって安心してはいけません。
食事前やトイレ後の石けんでの手洗いは必ず行う事が重要です。

嘔吐物などが服やタオル付着してしまった場合
衣類やタオルに嘔吐物が付着した場合は、他の洗濯物とは分けて洗濯します。
水洗いの後は、
薄めた塩素系漂白剤(5~10%次亜塩素酸ナトリウムなら50~100倍に薄めて使用)で消毒
また下痢や嘔吐物が乾燥すると、含まれているウイルスがホコリと一緒に舞うので注意が、
必要です。乾燥する前に必ず処理する事が、重要です。

日用品にも注意
ロタウイルス患者がさわったドアノブなどにもロタウイルスがいる可能性があります。
特にに子供の場合は、おもちゃにロタウイルスがいる可能性が、高いのが現状です。
薄めた塩素系漂白剤でできるだけふき取る事により姉妹間の感染を防ぐ事を心がけましょう!

まとめ

ロタウイルス胃腸炎まとめ

  • 就学前小児のロタウイルス感染症の患者数は年間80万人と推定されている
  • 感染者の15人に1人(7万8000人ほど)が入院していると推定されている
  • 乳幼児の生後6ヶ月~2歳の間が一番感染しやすい
  • 5歳までには100%の小児が、ほぼ感染すると言われている
  • ノロウイルスよりも激しい嘔吐や下痢の症状、発熱もあり、重症化する危険性がある
  • 子供がロタウイルス胃腸炎にかかってしまったら、大人も十分に注意する必要がある

今回ロタウィルスについて調べる事によりロタウィルス恐さを十分理解出来ました。
病気やウィルスから初期段階で子供を守れるのは、親だけです。

初期段階である程度の対策をする事により病状を軽くする事も可能だと思います。
その為にもロタウィルスを理解する事が重要です。

結果長女は、ロタウィルス感染しましたが、驚く早さで完治をしております。
次回のブログで長女のロタウィルス感染~完治までを紹介する予定です。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ