子供喘息リスク高まる!喫煙者の親を持つ子供は気管支喘息確率が高い!

今回のタイトルを見て『ドキッ』としてしまう親御さんは、
管理人同様喫煙者の方達だと思います。

親が原因で子供を病気にしてしまうなんて事絶対にあって
は、ならない事だと思います。

しかし親が喫煙者の場合子供の喘息リスクが、高まるのです。
先日次女がインフレンザ感染した際夜間救急病院に行った際
小児科の先生に説教をされました。

Sponsored Links

小児科先生の説教内容

子供は気管支喘息確率

次女がインフレンザ感染で救急病院に向かっていると
会社事務所にて連絡を受けすぐに病院に向かいました。

病院内は、暖かかったのでスーツの上着を脱いで次女
の受診をしておりました。

当然上着を脱いでいたのでワイシャツの胸ポケットに
入っていた煙草が、先生より見える
状態です。

次女の受診が終わった後に先生の説教が始まりました。

先生 『お父さんは、煙草を吸いますよね?』
自分 『はい!煙草吸いますよ!』
先生 『煙草を家の何処で吸ってますか?』
自分 『外のウッドデッキか寒い時は、台所の換気扇の下で吸ってますよ!』
先生 『お父さん煙草甘く考えてませんか?』
自分 『甘くは、考えてないですが、煙草が好きなのです。』
自分 『外のウッドデッキや換気扇の下での煙草だから問題ないですよね?』
先生 『その考えが甘いんですよ!』
先生 『外や換気扇下で吸っていれば大丈夫と思っている人が多いですが』
先生 『その場所で吸ったとしても子供への害があるデーターが出てるんです。』
自分 『本当ですか?』
先生 『私の経験からも親が喫煙者で子供が喘息になり後悔している親が多数いますよ!』
先生 『煙草は、害だらけで吸っても何も良い事ないですよ!』
先生 『将来後悔しない為にも煙草は、やめた方がよいですよ!』

と多分私と同い年くらいの先生(年下の可能性あり)に説教をされたのです。
ママが隣いる状態での説教だったのでかっこ悪いなと思いました。
しかし今後の為にも先生に質問をして回答をして頂きました。

救急病院小児科先生親が喫煙者で子どもへの影響の話

親の喫煙により子どもの気管支喘息の有病率が1.8~2.8倍になる

この数値を先生から告げられました。気管支喘息の有病率が1.8~2.8倍って
本当に恐ろしくなりました。
先生が『後悔しない為にも煙草をやめなさい』との言葉が理解できました。

更に親が喫煙者の場合子供は、肺炎や気管支炎になりやすいと報告され
大変恐い事にタバコを吸う家庭に育った子どもは,成人した後に,肺癌に
なる危険度が増すと言われているとの事です。

この実態を先生から告げられたら禁煙をするしかないと思いました。
そして現在禁煙外来に行き始めました。
禁煙外来の様子⇒禁煙 成功を目指す!長女幼稚園入園で禁煙外来決心しました!

まとめ

子供喘息リスク高まる!まとめ

  • 親が喫煙者の場合気管支喘息の有病率が1.8~2.8倍
  • 数値を見て子供の為にも禁煙を決意した。
  • 病院の先生にデーター裏付けされた話をされると説得力がある

私は、煙草が、大好きです。禁煙外来に通い始めましたが、本当に禁煙
が、できるのか不安な日々です。

本日現在準備段階で煙草を吸っておりますが、煙草を完全にやめる事を
考えるだけで恐怖まで感じてしまうくらいです。

禁煙外来を始めてから自分自身が本当に重症患者だと感じております。
しかしここまで子供達に害を及ぼす煙草は、今の私の環境からして絶対
に達成しなければいけない事だと思っております。頑張ります!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ