寝る子は育つ!レム睡眠とノンレム睡眠!赤ちゃん睡眠との関係!

赤ちゃん睡眠の言葉で寝る子は育つの言葉を知らない人って
ほとんどいないと思います。物心が着いた頃には、知っている
言葉だと思います。

我が家の長女も現在赤ちゃんの次女も良く寝ております。
人間の睡眠には、2つの睡眠がありその2つの睡眠を
レム睡眠とノンレム睡眠と言います。

親として睡眠について知る事により子供の成長に役立つ事だと
思いましたので調べて行きたいと思います。

Sponsored Links

レム睡眠とノンレム睡眠とは?

赤ちゃん レム睡眠とノンレム睡眠

人間は寝ている間、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しております。
レム睡眠は、一般的に言われているのが、寝て起きて目覚めが良い
と感じる時で眠りが浅い事を言います。

逆に目覚めが、悪いと感じる時て眠りが深い睡眠をノンレム睡眠と
言います。朝起きて今日は目覚めが良く爽快と感じる時ってありますよね?

私はそうとうな寝不足でない限り目覚めが大変良いのでレム睡眠が、普通の人
と比べて多いのかな?と思う事もありますが、実は、そんな事は、ありません。

人間誰しもレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しているのです。

レム睡眠とノンレム睡眠の割合

胎児の睡眠  100%レム睡眠
新生児の睡眠 50%レム睡眠
大人の睡眠  20%~25%レム睡眠

大人の睡眠サイクル完成はいつ?

思春期頃に、大人の睡眠サイクルが完成します。睡眠時間は1日の3分の1程度
になりレム睡眠は睡眠の中の20~25%まで減ります。

寝る子は、育つと言われている理由

新生児は寝てる時間の約50%が、レム睡眠になりますが、胎児期は、
100%レム睡眠と言われております。

レム睡眠は、脳の神経回路を作っているので神経回路は、活動するほど
つながりが強くなるのです。

そこで胎児や新生児の頭の中では、神経をしっかり幅広くする為に脳幹が、
活発に活動するのです。

他にも科学的根拠があると言われておりますが、こんな事からも寝る子は
育つと言われている状況でもあります。

まとめ

赤ちゃん睡眠まとめ

  • 人間は、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す。
  • レム睡眠は、浅い眠りで寝起きが良い
  • ノンレム睡眠は、深い眠りで目覚めが悪い
  • 赤ちゃん胎児時代は、100%レム睡眠
  • 寝る子は育つ化学的根拠がある

レム睡眠とノンレム睡眠そして赤ちゃん睡眠の関係が理解出来ました。
浅い知識ですが、何も知識がないよりは、良いと思います。

睡眠について知る事に赤ちゃん寝かしつけをする際にも十分役立つ事
だと思うのですが、次女は、本当に良く寝るので寝かしつけで悩む事
もない状況です。

しかし時には、寝ない事もあるのでその際は、今回得た知識を前提に
赤ちゃんに接して行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ