赤ちゃんワクチン | かかりつけ医で予防接種を初体験!

我が家の次女の赤ちゃんは、生まれてもうすぐ3ヶ月です。
生まれて初めてかかりつけ医の病院でワクチンを打って来ました。

長女の頃は、完全にママ任せでしたが、赤ちゃんの予防接種は、
リスクも伴い
親としてもある程度の知識が、必要になります。
赤ちゃんワクチンについて調べて行きたいと思います。

Sponsored Links

赤ちゃんにワクチンが必要な理由

赤ちゃんワクチン

パパもそうですが、ママも子供の頃当然ワクチンを受けております。
そして赤ちゃんから大人へ成長して行く中で色々な最近やウィルス
に感染して体内にこれらの菌に対する抵抗力(免疫)を持っています。

人間の体って凄いですよね?その抵抗力こそが、細菌やウィルスに
感染したとしても打ち勝つ事が可能になり病気になる事を防いでおります。
万一病気になったとしても抵抗力がある事により重症化する事も防げます。

赤ちゃんの抵抗力は生後3ヶ月まで

赤ちゃんは、ママの抵抗力(免疫)をもらって生まれて来ます。
通常は、6ヶ月くらいまでその抵抗力(免疫)で病気にならないと
言われております。

しかし次女は、先月生後2ヶ月でインフルエンザに感染しているので
全ての赤ちゃんが、抵抗力(免疫)がある訳ではありませんが、長女は、
生後6ヶ月位まで全く病気をしませんでした。

そしてこの抵抗力が、百日せきで生後3ヵ月まで麻しん(はしか)では、
生後12ヵ月頃には、ほとんど失われてしまうのです。

最も恐いのが、抵抗力が弱まった状態で百日せきや麻しん(はしか)になってしまう
とその症状が重症化し、痙攣を起こして突然死する危険性もあるのです。

予防接種とは?

私達大人は、ウイルスや細菌が感染してしまった場合体内で細菌や
ウイルスを見つけて目印をつけそれを食べて(白血球)、排除する
仕組みが働いております。

しかし赤ちゃんの場合は、この免疫の仕組みが十分ではないので
ウイルスや細菌に感染すると重症化するリスクが大変高くなります。

そこで、本物のウイルスや細菌あるいはその毒素を大幅に弱め死滅させた
もの(ワクチン液)を、接種することにより、非常に弱い病気を起こさせて、
体の中に免疫物質を作らせよう
とするのが、予防接種になります。

赤ちゃんワクチンは、スケジュールが重要

0歳で受けるワクチンは6-7種類・15回以上ある

赤ちゃんワクチンデビューは、生後2ヶ月の誕生日が理想とされて
おります。赤ちゃん抵抗力(免疫)の為にもスケジュールを立てて
実行して行くのが、理想です。

今回次女が受けたワクチン紹介
  • B型肝炎 1回目
  • ロタウイルス 1回目
  • ヒブ 1回目
  • 小児用肺炎球菌 1回目

本来生後2ヶ月でワクチンデビューする予定でしたが、予定していた日に
インフルエンザ感染してしまい理想と比べて遅くなってしまいました。

予防接種スケジュールはかかりつけ医に相談が理想

0歳で受けるワクチンは6-7種類・15回以上あるのでスケジュールを立てる
のは、大変難しいです。ワクチンを受けた後何カ月後に次を受けれるか等
かなり複雑です。

我が家の場合は、かかりつけ医に相談してスケジュールを立てております。
親としてある程度の知識は、必要ですが、複雑な事は、プロにお任せが、
良いと思います。(複雑すぎるので)

まとめ

赤ちゃんワクチン

  • スケジュールが重要
  • 生後2ヶ月から予防接種をスタート
  • 予防接種は、赤ちゃんの抵抗力(免疫)を強くする

ワクチン・予防接種を受ける事は、良い事だと思っているだけで何故良いのかを
知りませんでしたが、今回色々調べる事により知る事が出来ました。

我が家のママは、専業主婦なので赤ちゃんワクチンに関して長女の頃は、
全て任せておりましたが、これって凄く大変な事ですよね?

パパが知らないところでママが、色々考え頑張ってくれていた事を
気付けた事も本当に良かったと思います。

ママが、一生懸命子供の事を考え行動してくれる事に対して感謝の
気持
を持てました。

赤ちゃんワクチンに関してはママ任せではなくパパも協力するのが理想です。
私のように何も理解せず手伝いしてないパパは、ママの手伝いをして行きましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ