おやつとは?娘に聞かれて困った!おやつの由来と語源を調べよう!

今年4月幼稚園入園予定の長女の最近は、何事に対しても
大変興味を示し何事に対しても『何で?』との質問が多く
あります。

先週末休日の時に10時のおやつ時間に『おやつだよ~』と
私が言った際『何でおやつは、おやつなの?』との質問を
されてしまい答えに苦しみましたので今回おやつについて
徹底的に調べ上げました。

調べ上げたおやつの由来と語源を紹介して行きます。

おやつとは?

おやつの由来と語源

娘に質問された時に即答できませんでしたが、答えは、簡単でした。
おやつとは間食の事です。

今度娘に質問された時は、
『昼ご飯と夜ご飯の間に何かを食べる事だよ!』と答えます。

おやつの由来

江戸時代は、食事が1日2食だった事知ってますでしょうか?
まだ食事が1日2食だった頃農民たちが体力維持のため休憩時
に取っていた間食のことをおやつ
と呼ぶようになりました。

今は、農家ブームで若い人とか農家に憧れている方も多く
いますが、農家の仕事って本当に大変です。

私の田舎は、農家でおばあちゃんが、野菜やお米を作って
いたので子供ながらその辛さを感じておりました。

とにかく農民は、使う道具によって色々な筋肉を使う上に、
肉体労働でその上穀物が育つ夏に仕事が多いのです。

特に稲刈り時期は、家族総出でやっておりましたが、
本当に大変なのです。

当然肉体労働なのでお腹はすぐ空くし、咽喉もすぐカラカラになります。
こんな事からも農民にとっておやつは、必要だったのです。

おやつの語源

おやつの語源は、和時計時代(1873年まで使っていた日本独自の時計)
にさかのぼります。

和時計は、午後2時前後を「八時(やつどき)」と言っておりました。
その時代は、お菓子ではなく軽食・間食をしていた事から「おやつ」
と言われるようになりました。

何で3時のおやつと言われるようになったのか?

今でもたまにCMが流れておりますが、カステラや和菓子で知られる文明堂が、
テレビの文明堂のCMで「カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂~」と言う
キャッチフレーズを軽快な曲に併せて放送され午後3時という時間が浸透しました。

まとめ

おやつの由来と語源まとめ

一言で『おやつ』と言っておりましたが、『おやつ』にも歴史が
ある事を理解する事が出来ました。

今後娘に質問された時でもしっかり『おやつ』を答えられるよう
になって本当に良かったです。

子育てをする事により親は、成長できる・男は、家族を持って一人前等
と言われておりますが、私も家族を持つ事により成長していると思います。

以前でしたら当たり前の事で深く考える事もない事に対して子供からの質問
で色々調べて知識が向上しているからです。

本当にありがたいことですよね!特に3才くらいは、『何で?・どうして?』
との質問も多くあるので今後もしっかり子供達に答えて行きたいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ