子育て支援制度 | 平成27年4月に本格施行を予定!

子育て支援制度って知っておりましたか?勉強不足で私は、
知りませんでした。またもや親として失格ですよね?

子育てをしているご家族は、当然知っている事だと思いますが、
子育て支援制度が、平成27年4月に本格施行を予定しております。

現在子育てをしている親として制度を理解する事が、重要な事
なので子育て支援制度について調べて行きたいと思います。

Sponsored Links

子ども・子育て支援新制度とは?

子育て支援制度 子ども・子育て支援新制度とは?

一般的に言われているのが、子育て支援制度と言われておりますが、
正しい名称は、『子ども・子育て支援新制度』になります。

内閣府では、HPで子ども・子育て支援新制度のページを立ち上げて
おりますので国としてもかなり力を入れているように感じます。

内閣府HP

制作コンセプト
子ども・子育て支援新制度は、質の高い教育・保育及び地域子ども・子育て
支援事業を実施し、妊娠、出産から育児までの切れ目ない支援を行うことを通じて、
全ての子どもが健やかに成長するように支援するものです。

引用元:内閣府

新制度では、各自治体によってサービスが異なります。平成27年施行
を予定しておりますが、現在でも準備段階ですが、横浜市の場合HP
もあり積極的に子ども・子育て支援新制度施行に向けて準備をしております。

横浜市HP | 子ども・子育て支援新制度詳細

一人ひとりの子どもが健やかに成長することができる社会を目指して、
平成24年8月に子ども・子育て関連3法が成立しました。この法律に基づき、
平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」が全国的にスタートする予定です。
新制度では、乳幼児期の教育・保育の総合的な提供や、待機児童対策の推進、地域
での子育て支援の充実を図ることになっています。

引用元:横浜市

横浜市では、子ども・子育て支援新制度について子育てをしている家庭の現状と
ニーズを把握する為に「現在の利用状況」及び「今後の利用希望」等について、
国の基本指針等に基づき、アンケート調査を実施していたようです。

アンケートの抽出方法は、住民基本台帳から無作為抽出(世帯重複ないよう抽出)
との事なので全ての世帯には、届いていないと思います。
実際に我が家は、アンケートを提出した覚えは、ありません。

子ども・子育て支援新制度に期待を持てるのか?

私は、期待が持てると思っております。理由としては、今現在でも国の子育て支援が、
大変良いと思っているからです。子育てをするまで全く知らなかった子育て支援は、

子育てを現在している中で知れば知るほど国の子育て支援が素晴らしいと感じるからです。
今回の社会全体による費用予定負担も横浜市のHPでは、具体的数字を公開しております。

「子ども・子育て」は、社会保障・税一体改革において社会保障分野の一つに位置付けられ、
新制度の財源として、消費税率引上げに伴う増収分のうち、約7,000億円が充てられる
(さらにそれ以外の財源も含め合計1兆円超の財源確保をめざす)予定です。

引用元:横浜市

このように具体的に数字が、出ております。

最後に

子ども・子育て支援新制度まとめ

平成27年4月に本格施行を予定している『子ども・子育て支援新制度』は、
子育て世帯は、もちろんの事子育て事業者にもメリットある制度です。

子育てを基本に国全体を潤す政策の期待も十分に持てそうな感じです。
独身時代国に期待する事等何もないとの考えが強かったのですが、実際に
子育てをして行く上で支えられている事って凄く多いと感じております。

民主党が、マニフェストで子供手当の選挙時も大変期待をしておりました。
結果マニフェストは、夢で終わっている現実もあります。

しかし平成27年4月に本格施行の予定ですが、国のHPや横浜市のHPを
確認するとかなりの力を入れていると感じました。

現在でも国の子育て支援に満足しておりますが、今後更に期待できる状況
にある事は、子育て世帯には、大変ありがたい事だと思います。
子ども・子育て支援新制度に期待しましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ