節分の日(2月3日) | 豆まきと由来 | 節分の鬼はパパの役目

お正月が終わると次の家族行事は、節分の日(2月3日)
ですね!季節を感じる家族行事大好きパパです。
近づいて参りました節分の日(2月3日)を記事にします。

Sponsored Links

節分の日 | 豆まきと由来を調べよう

節分の日(2月3日) | 豆まきと由来

私は、知らなかったのですが、節分の日は、季節の始まり
の前の日になるので春・夏・秋・冬で年回4回あるのです。

現代一般的に言われている節分は毎年2月3日の節分の日
になります。

節分の日由来

季節の変り目って体調を崩す事が多くあると思います。
私も季節の変り目に体調を崩す事が多く偏頭痛は、季節
の変り目に起こる事が多いのが、現状です。

この季節の変わり目は、一般的に体調を崩す人が昔から多くいた事
季節の変わり目には邪気が入りやすいと信じられておりました。
例えば秋から冬に季節が移る時突然寒くなる事が多いですよね?

特に今年は秋がなく突然冬になったので多くの方が体調を崩し
たと思います。節分の日にはこれを追い払う行事が行われるように
なったのが、始まりです。

豆まきをする意味

節分の日の2月3日は、近所でも『鬼は~外・福は~内』と声が、
聞こえて来ますよね?我が家の昨年も娘とママの大きな声で、
『鬼は~外・福は~内』と豆を投げておりました。
ちなみに何故節分の日に豆を投げるか言うと

  • 豆には穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている
  • 魔目(豆・まめ)を鬼の目に投げつけて鬼を滅する
  • 魔滅に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願う

こんな由来から来ているようです。

我が家の豆まき

  • パパが鬼に変身
  • パパが外に出て『鬼は~外』と豆を投げつけられます。(笑)
  • 『福は~内』窓やドアを閉めて室内で豆を投げるのでパパは人間に変身します。
  • まいた豆を拾って歳の数または年齢より1つ多く豆を食べます。

体が丈夫になって風邪を引きにくい、という昔からの言い伝えがあるので豆を歳の数
より1つ多く食べるのが良いですね?我が家は、家族全員豆を1つ多く食べてます。

最後に

節分豆まき

私が独身の頃特に季節の行事を意識した事は、
全くありませんでした。

本当に不思議なのですが、結婚して子供が産まれ
季節の行事をとても意識するようになりました。

節分の日(2月3日)まであと1ヵ月です。
準備をしっかり行い楽しい節分の日を迎えたいと
思っております。今から本当に楽しみです。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ