呼気検査 | 禁煙外来通院2回目検査!結果良好で先生に褒められた!

を禁煙外来で受けて来ました。
通院2回目の呼気一酸化炭素濃度検査なので1回目との
比較もできる楽しみもあり張り切って病院に行きました。

Sponsored Links

呼気一酸化炭素濃度検査とは?

呼気検査 禁煙外来

呼気一酸化炭素濃度検査は、禁煙外来で行う煙草の吸う量を
数値化して把握する検査になります。

もう少し具体的に解説すると煙草には、約200種類以上の有害物質が、
含まれております。

代表的な有害物質としては、ニコチン・一酸化炭素・タールがあります。
これらの有害物質をどれくらい体内に取り込んでいるかは、煙草の吸い方
により変わり煙草の本数だけでは、正確に把握する事が出来ません。

呼気一酸化炭素濃度検査機を使い呼気一酸化炭素濃度検査をして数値化する事により
煙草に含まれている有害成分をどれくらい取り込んでいるかを調べる事が、出来ます。
この数値の高い・低いで本当に禁煙しているのかも確認できてしまう大変優れた検査です。

呼気一酸化炭素濃度検査の前回通院時数値の比較

呼気一酸化炭素濃度検査

上記が、禁煙外来1回目の呼気一酸化炭素濃度検査です。
私の場合煙草をまだ吸っている時の数値が、上記23PPMでした。

病院の先生のお話ですと呼気一酸化炭素濃度検査の数値は、1日の煙草
を吸う本数とほぼ比例するとの事でした。

私の場合は、23PPMだっので1日の煙草を吸う本数が、約23本との計算
になりました。

先生がおっしゃるようにだいたい1日20本~30本の間だったので計算式
に近い状態でした。

禁煙外来2回目呼気一酸化炭素濃度検査結果

呼気一酸化炭素濃度検査結果 0.64PPM

呼気一酸化炭素濃度検査結果の数値如何でしょうか?0.64PPMには、正直驚きました。
そして先生に褒められました。何歳になっても褒められるのは、嬉しい事です。

まとめ

呼気検査 禁煙外来まとめ

  • 呼気一酸化炭素濃度検査は、禁煙外来で使われる検査方法
  • 呼気一酸化炭素濃度検査をする事により1日の煙草本数がほぼ算出する事ができる
  • 数値で比較するので禁煙する際の励みになり禁煙達成率が、高くなりそう

2回目の禁煙外来通院も終了して更に卒煙の意思が強くなりました。
呼気一酸化炭素濃度検査のように数字で喫煙時・禁煙時が数値に出て
結果を比較できるのは、禁煙時の励みになると思いました。

私の仕事は、営業なので全て数字の世界です。数字さえ上げれば遊んで
いても良い仕事なのです。

長年数字の世界で生きて来ている私としは、呼気一酸化炭素濃度検査の数値
での比較は、本当にやりがいがあり楽しみながら禁煙ができると思いました。

そしてこの数字で結果が見える事が私に合っている禁煙方法だと思えました。
多分もう大丈夫だと思います。禁煙そして卒煙に対して自信があります。

多分今でも煙草を吸っている人は、心のどこかで『煙草をやめたい』との気持ちが、
必ずあると思います。

私も煙草が大好きでしたが、いつも心の何処かにそんな気持ちがありました。
結果今は、楽しみながら禁煙するところまで来ております。

そして禁煙方法として禁煙外来を選んで本当に良かったと思っております。
禁煙外来には、煙草をやめる為の工夫がたくさんプログラムの中に含まれて
おります。そしてその色々なプログラムが積み重なり結果禁煙成功に繋がる
のだと思います。

今回紹介した『呼気一酸化炭素濃度検査』の数字比較もその1つだと思います。
色々な工夫のある禁煙外来をおすすめします。

Sponsored Links

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ